格安SIMと格安スマホで料金を超・節約する方法

スマホ代月々7.000円は高すぎる!!
何とかしたい人必見の格安SIMと格安スマホ節約術を解説します。

 

格安スマホは興味があるけど、実はわからないことがいっぱい・・・
そんな方は多いはずです。
そこで、まず初めに知っておきたい基礎知識を解説します。

 

 

『格安スマホ』と『普通のスマホ』の違いについて。

 

・『格安スマホ』は大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)よりも通信料金の安い
『MVNO』と契約するのが最大の違い。

 

『MVNO』とは・・・大手キャリア(ドコモ・au)の通信回線の一部を借りて
より安い料金を提供している電話会社のことです。
この格安通信回線と組み合わせて使うスマホのことを『格安スマホ』と呼びます。

 

選択できるスマホの機種は大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が提供している
機種とは異なり、世界共通仕様の低価格モデルが多い。
また、多くの『MVNO』ではドコモ用の端末を使うことができる。

 

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)との最大の違いは『キャリアメールが使えない事』です。

 

今ではLINEなどの無料で使えるメッセージアプリが普及しているので
あまり影響はありませんよね。

 

尚、日本独自のおサイフケータイやワンセグなどのサービスは一部で
利用可能な機種も登場している。

 

 

大手キャリアのスマホと格安スマホとの比較例

 

ドコモ

 

格安スマホ(楽天モバイル)

シャープAQUOS EVER SH-02J

端末

シャープAQUOS GH-M04

32.400円

価格

29.800円

カケホーダイ+データSパック

(2GB)+SPモード

契約

通話SIM・3.1GBプラン

6.500円

月額

1.600円

15万6000円

24カ月

3万8400円

18万8400円

合計

6万8200円

シャープAQUOS GH-M04はSIMフリーの携帯ですが、基本性能はシャープAQUOS EVER SH-02Jとほぼ同等。
安価な海外製のモデルを選べばさらに価格差は広がります。
ただし、ドコモは通話が定額制なのに対して楽天モバイルは完全従量制なので注意が必要。

 

ドコモ

BIGLOBE

基本プラン(カケホーダイ ライト)かけ放題は1回5分まで

1.836円

音声通話プラン(ライトSプラン・6GB)

2.322円

インターネット接続サービス 324円

端末代(分割)  886円

 

データ通信料(データMパック・5GB)  5.400円

ココが高い!!!!

端末代(分割)  648円

 

合計  3.208

 

合計  8.208円

 

 

 

大手キャリアと格安スマホとの比較

 

大手キャリアは2年縛りの契約をすれば、スマホの端末価格を大幅に値引きしてくれます。
一方、 MVNOの格安スマホでは端末代は実費なので、
一括払い・分割払いにかかわらず割引されません。

 

その代わり、月の利用料はかなり安いので、
数力月から1年程度で支払総額を簡単に逆転できます。
また、機種変更時の下取りがないため、中古品業者に売却するなどの対応が必要です。

 

実用上の大きな違いはキャ リアメールのサービスが提供されないこと。
これはGmailやヤフーメール、LINE等で代用が可能ですよね。

 

 

大手キャリアにあって格安スマホにないサービスの一覧

 

・キャリアメール
・2年縛りの契約と、それに伴う各種割引
・機種変更時の端末の下取り 。
・乗り替え割
・エリアメール(緊急地震速報など )
・通話のかけ放題 (一部のMVNOでは対応プランあり )
・キャリア独自のサービス

 

 

格安スマホの保証・サポートについて

 

・格安スマホ本体のみの購入・・・家電製品並みの1年保証が付いてくる場合が多い。

 

・MVNOから激安とセットで購入・・・保証オプションを追加しておけば、
一定期間の修理や交換が受けられるところが多い。また、電話サポートなどもオプションで契約できるところもある。

 

 

 

格安スマホの通話料・・・格安スマホの場合、通話は大体30秒あたり20円の従量制となります。

 

なお、おサイフケータイやワンセグなどの付加機能は、国内メーカーのSIMフリー端末の一部が対応しているので
対応する機種を選べば問題ありません。

 

格安スマホの解約について

 

通話プランのほとんどは6〜 24カ月程度の最低利用期間が設定されており、
この期間内に解約する場合には解除料を払う必要があります。
MVNOによつて解除料は期間内一律であつたり、 月ごとに安くなつたりと基準はまちまちです。
格安スマホとのセットではスマホ本体の残額の精算も必要になります。

 

解約例)
mineoは最低利用期間を定めていませんが、
1年以内のMNP転出の場合、高額な手数料が設定されている

 

 

激安SIM&格安スマホのメリット

 

激安SIM&格安スマホを利用する最大のメリットは、毎月のケータイ代を安く上げられることです。
でも『データ通信量の少ないプランを契約して大丈夫?』と心配になりませんか・・・

 

でも、おススメは、もっとも通信量の少ないプラン(= 最安)を選ぶこと。
実際に、しばらく使ってみて常に限界までいってしまうなら、プランを見直せばよいだけです。

 

契約直後は何かと通信が多くなりがちです。
なので慌てて容量をアップしなくとも、数力月後には通信量が減る場合も多いのです。

 

買ったばかりで一時的に超過するなら、
追加容量を購入して様子を見ては如何でしょうか。

 

それから公衆WIFIの積極的な使用や、通信量を圧縮する機能や
アプリを使うことでも通信量を節約できます。
工夫次第で通信コストは抑えられるのです。

 

格安SIMの料金プラン  料金が安い順

 

 

イオンモバイル 音声500MBプラン(音声あり・SMSあり)  NTTドコモ系

 

 

月額料金(税別)

1130円

月間データ容量

500MB

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

×

データ容量の繰り越し

 

月間データ容量を消費しない低速通信(最大200kbps)にいつでも切り替えられる、

月額850円で国内宛通話の最初の5分間が定額になる

「イオンでんわ 5分かけ放題」を追加できる(5分を超過した通話料は30秒当たり10円)

 

最大通信速度(下り)/375Mbps

 

通信容量の追加/1GB当たり480円

 

 

イオンデジタルワールドは、格安スマホ・格安SIMの不安、全て無くします。
簡単!料金シミュレーションは、あなたにピッタリの料金プランで、現在の月額費用と比較できます。
スマホデビューもリーズナブルに、サポートプランも充実!店舗もあるので安心!

 

DMM mobile シングルコース 通話SIMプラン ライト(音声あり・SMSあり)   NTTドコモ系

 

 

月額料金(税別)

1140円

月間データ容量

使い放題

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

×

データ容量の繰り越し

×

 

通信速度は他のプランよりも遅い最大200kbps、

通信容量を追加することで下り最大375Mbpsのデータ通信が可能

 

最大通信速度(下り)/200kbps

通信容量の追加/100MB当たり200円

 

 

スマホのご利用料金が月額440円(税抜)から。
使い方に合わせて選べる豊富なプランで、 選べる容量は20GBまで自由自在!
ドコモ回線を使用しているので繋がる安心!

 

スマホ端末もハイスペックなものから低価格のものまで、最新端末を豊富に取り揃えております。
さらにかけ放題オプションも登場。850円(税抜)で5分以内の音声通話がかけ放題に!

 

 

DTI SIM 音声プラン 1GB(音声あり・SMSあり)   NTTドコモ系

 

キャンペーン_パターンB

 

月額料金(税別)

1200円

月間データ容量

1GB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

×

データ容量の繰り越し

 

月額780円で国内宛通話の最初の5分間が定額になる「でんわかけ放題」を追加できる

(5分を超過した通話料は30秒当たり20円)。

1GB当たり600円で通信容量を追加することもできる

 

最大通信速度(下り)/225Mbps

通信容量の追加/500MB当たり380円

 

 

LINEモバイル LINEフリープラン(音声あり・SMSあり)  NTTドコモ系

 

 

月額料金(税別)

1200円

月間データ容量

1GB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

×

データ容量の繰り越し

 

LINEの通信料金が無料(LINE LIVEなど無料対象外の通信もある)、

1GB当たり1000円、3GB当たり3000円で通信容量を追加することもできる

 

最大通信速度(下り)/375Mbps

通信容量の追加/0.5GB当たり500円

 

 

【誰もが手に入れやすいサービス】
LINEモバイルで購入した端末か、SIMフリーまたはdocomoの端末であればSIMカードを入れて簡単な設定のみでご利用可能です。

 

【LINEモバイル限定サービス】
特定のサービスの通信量をカウントしない「カウントフリー」や、LINEにトーク上でデータ残量を確認したり、LINEの友達にデータプレゼントすることも可能です。
LINEモバイルならLINEの年齢認証も可能です。

 

【いつでもどこでもつながる安心】
docomo回線と同じエリアに対応。日本全国で繋がるので安心です。

 

【聞きたい時に聞ける安心のサポート】
安心してLINEモバイルをご利用いただけるように多くのサポート窓口を用意しています。
わからないことがあればいつでもLINEモバイルカスタマーセンターへ

 

【お子様の最初のスマートフォンに】
LINEモバイルならフィルタリングアプリを無償でご利用可能です。
通信量もLINEアプリから簡単に確認することができます。

 

 

楽天モバイル ベーシックプラン(音声あり・SMSあり)  NTTドコモ系

 

 

月額料金(税別)

1250円

月間データ容量

使い放題

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

データ容量の繰り越し

×

 

通信速度は他のプランよりも遅い最大200kbps、

通信容量を追加することで下り最大262.5Mbpsのデータ通信が可能。

 

月額850円で国内宛通話の最初の5分間が定額になる

「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」を追加できる

(楽天でんわの契約が必要、5分を超過した通話料は30秒当たり10円)。

月額362円でWi-Fiアクセスポイントが利用できる(BBモバイルポイント、Wi2 300)。

楽天モバイルのユーザーどうしで繰り越したデータ容量をシェアできる(利用料金は月額100円/1回線)

 

最大通信速度(下り)/200kbps

通信容量の追加/100MB当たり300円

 

 

・番号乗り換えも可能 他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます。

 

・つながりやすさ、スピードはドコモと同じ LTE通信、3G通信はドコモの回線を利用しており、
ドコモのケータイやスマートフォンがつながるエリアでお使いいただけます。

 

・選べる4つの料金プラン 低価格、無制限なベーシックプラン、動画やネットもスムーズなパックプランなど
利用するデータ通信量に合わせて、自分に合ったプランが選べます。

 

・楽天のサービスだから超お得!  楽天グループのアプリを使えば通話やメッセージが無料に!

 

DMM mobile シングルコース 通話SIMプラン 1GB(音声あり・SMSあり)   NTTドコモ系

 

 

月額料金(税別)

1260円

月間データ容量

1GB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

×

データ容量の繰り越し

 

月間データ容量を消費しない低速通信(最大200kbps)にいつでも切り替えられる

 

最大通信速度(下り)/375Mbps

通信容量の追加/100MB当たり200円

 

イオンモバイル 音声1GBプラン(音声あり・SMSあり)  NTTドコモ系

 

 

 

月額料金(税別)

1280円

月間データ容量

1GB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

×

データ容量の繰り越し

月間データ容量を消費しない低速通信(最大200kbps)にいつでも切り替えられる、

月額850円で国内宛通話の最初の5分間が定額になる「イオンでんわ 5分かけ放題」を追加できる

(5分を超過した通話料は30秒当たり10円)

 

最大通信速度(下り)/375Mbps

通信容量の追加/1GB当たり480円

 

mineo デュアルタイプ auプラン(Aプラン) 500MB(音声あり・SMSあり)  NTTドコモ系

 

mineo

 

 

月額料金(税別)

1310円

月間データ容量

500MB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

データ容量の繰り越し

 

無料で「@mineo.jp」ドメインのメールアドレスを取得できる、

月間データ容量を消費しない低速通信(最大200kbps)にいつでも切り替えられる、

複数回線契約者や主回線契約者から三親等までの家族回線から1回線当たり50円を割り引ける、

他のmineoユーザーに月間データ容量をプレゼントできる、

mineoユーザーどうしで繰り越したデータ容量をシェアできる

 

最大通信速度(下り)/225Mbps

通信容量の追加/100MB当たり150円

 

 

■月々756円(税込)からスマホが使える【mineo(マイネオ)】■
mineoからおトクなキャンペーン登場!あなたのスマホそのままで、スマホ代が安くなる!
シングルタイプ1GBコース月額基本料金相当額864円(税込)がなんと3カ月間0円に!

 

▼mineoって本当に安くなるの?
78%のお客様が携帯料金が安くなり、そのうちの約半数となる38%が月額3,000円以上安くなったとご回答いただきました!

 

▼mineoって、月々756円(税込)から使えるのに本当にいいの?
74%ものお客様が通信品質はmineo加入前のサービスと同程度以上とご回答いただきました!

 

■端末もそのまま■
mineoならあなたのスマホのままで使える!データ容量は500MB、1GB、3GB、5GB、10GBをご用意!

 

 

DMM mobile シングルコース 通話SIMプラン 2GB(音声あり・SMSあり)  NTTドコモ系

 

 

月額料金(税別)

1380円

月間データ容量

2GB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

×

データ容量の繰り越し

 

月間データ容量を消費しない低速通信(最大200kbps)にいつでも切り替えられる

 

最大通信速度(下り)/375Mbps

通信容量の追加/100MB当たり200円

 

イオンモバイル 音声2GBプラン(音声あり・SMSあり)  NTTドコモ系

 

 

月額料金(税別)

1380円

月間データ容量

2GB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

×

データ容量の繰り越し

 

月間データ容量を消費しない低速通信(最大200kbps)にいつでも切り替えられる、

月額850円で国内宛通話の最初の5分間が定額になる「イオンでんわ 5分かけ放題」を追加できる

(5分を超過した通話料は30秒当たり10円)

 

最大通信速度(下り)/375Mbps

通信容量の追加/1GB当たり480円

 

BIGLOBE SIM 音声通話スタートプラン(音声あり・SMSあり)  NTTドコモ系

 

「BIGLOBE SIM」は、顧客満足度No.1★

 

 

月額料金(税別)

1380円

月間データ容量

2GB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

×

データ容量の繰り越し

 

 

月額250円でWi-Fiアクセスポイントが利用できる

(BBモバイルポイント、DoSPOT、Secured Wi-Fi)、

月額650円で1200円分の無料通話分が付く「BIGLOBEでんわ 通話パック60」を追加できる

(通話料は30秒当たり10円)

 

最大通信速度(下り)/375Mbps

通信容量の追加/100MB当たり300円

 

 

 

< BIGLOBEが選ばれている理由 >

 

データ通信の品質・安定性顧客満足度No.1
2016年6月 ICT総研調べ

 

★最新端末が安い!
★今のスマホのままでOK!SIMを差し替えるだけで節約に!
★iPhone発売中!
★家族でシェアすれば家計が助かる!
★電話番号も引き継げる!
★乗り換え時に電話が使えなくなる期間はほぼゼロ!
★BIGLOBE WiMAX 2+とあわせればお得な快適モバイルライフ!

 

mineo デュアルタイプ ドコモプラン(Dプラン) 500MB(音声あり・SMSあり)NTTドコモ系

 

 

mineo

 

月額料金(税別)

1400円

月間データ容量

500MB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

データ容量の繰り越し

 

無料で「@mineo.jp」ドメインのメールアドレスを取得できる、

月間データ容量を消費しない低速通信(最大200kbps)にいつでも切り替えられる、

 

複数回線契約者や主回線契約者から三親等までの家族回線から

1回線当たり50円を割り引ける、

他のmineoユーザーに月間データ容量をプレゼントできる、

mineoユーザーどうしで繰り越したデータ容量をシェアできる

 

最大通信速度(下り)/225Mbps

通信容量の追加/100MB当たり150円

 

 

nuroモバイル 2GB 音声通話(音声あり・SMSあり)  NTTドコモ系

 

 

NUROMOBILE

 

月額料金(税別)

1400円

月間データ容量

500MB

 

音声通話

SMS(ショートメッセージ)

複数台での容量シェア

データ容量の繰り越し

 

500MB当たり2100円、1GB当たり3800円で通信容量を追加することもできる、

月額800円で国内宛通話の最初の5分間が定額になる

「nuroモバイルでんわ 5分かけ放題オプション」を追加できる

(5分を超過した通話料は30秒当たり10円)

 

最大通信速度(下り)/375Mbps

通信容量の追加/100MB当たり500円

 

 

 

激安SIMを使うためのスマホの購入について

 

パターン1・・・SIMカードとスマホをセットで購入する方法。
一番手軽でわかりやすく初心者には最適です。

格安スマホを利用するメリットのひとつは、
端末と回線の組み合わせを自由に選べること。

 

しかしながら、スマホ本体とSIMカードを別に用意するのは
初心者には難しくハードルが高い。

 

そこでお勧めなのが、MVNOでSIMカードと端末本体のセットの購入です。
取り扱つている機種はMVNOによって異なるので、いろいろ見比べるのも楽しい。

 

MVNOのスマホは、基本的にはネットでの販売が中心ですが、
実店舗を開設しているMVNOもあるので、実物を見たい人も安心です。

 

こんな人にお勧め

 

格安スマホをはじめて利用する
端末とSiMカ ードを 別々に用意するのが面倒
端末の代金を分割で支払いたい

おススメのMVNO

 

独自のシリーズを扱うOCNモバイルONE
オリジ ナルの「gooのスマホ 」シリーズに加え、
ASUSやファーウェイなどのグローバルモデルも取り扱っ ている

 

OCN モバイル ONEは、専用SIMカードで月額972円(定額)から高速LTE通信がご利用できるサービスです。
NTTドコモのXiとFOMAの両エリアに対応し、都市部でも郊外でも快適にご利用いただけます。

 

 

UQ mobileでも個性的なスマホが見つかる

 

UQモバイル

 

独自仕様にカスタマイズされた「P9 lite PREMUM」や「AQUOS L」など、
国内海外メーカーの多彩な機種から選べる。

 

新スマホがぞくぞく登場!充実のラインアップ
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
<人気No1>
P9 lite PREMIUM:WiMAX2+搭載で下り最大220Mbps
<人気No2>
AQUOS L:バスタイムもゆっくり楽しめる、防水&防塵対応
<人気No3>
ZenFone3:ハイレゾ再生可能なコンパクトモデル

 

 

 

同じ機種でもMVNOによって価格が違うので注意が必要
SIMフリースマホには複数MVNOで販売されている機種も多い。
同じ機種でもどこで買うかによって価格が全然違うこともあるのでしっかり確認しましょう。

 

 

 

端末代込みのお得なプランもあります。
MVNOでスマホを購入するなら、月額利用料に端末代が含まれたプランもあります。
料金体系もシンプルでわかりやすく、価格もとってもリーズナブルです。

 

楽天モバイルの『コミコミプラン』・・・端末代込みで月額1880円から。
4種類のプランがあり、それぞれ選択できる機種が異なる。

 

 

パターン2・・・SIMフ リースマホを単体で購入する方法

メリットは多彩なラインナップから 好きな機種を選べること。

 

利用したいMVNOで販売しているスマホには気に入った機種がない、
またはもっと多くの機種から好きなものを選びたい場合は、スマホだけを単体で購入する方法もある。

 

SIMフリースマホは、家電量販店などで多数のモデルが販売されている。
MVNOではあまり取り扱つていない機種が見つか ることもあるのでチェックしてみよう。

 

家電量販店のほか、 楽天やAmazonなどのオンラインショップでも
SIMフリースマホを購入できる。

 

パターン3・・・ 手持ちのスマホを活用する。

 

とにかく費用を節約するならこの方法が一番の節約です。

 

スマホからキャリアのSIMカードを取り出し 、MVNOで契約したSIMカードをセットする 。
このあと通信方法の設定を変更すれば簡単に利用できるようになります。

 

すでにキャリアで購入したスマホを持つているなら、回線契約を解約し、
そのスマホ にMVNOのSIMカ ードを挿して使うことができる。
手持スマホを活かしつつ、最小限のコストで乗り換えが可能だ。

 

ただし、元のキャリアと乗り換え先のMVNOの組み合わせによつては、
SIMロック解除が必要な場合もある。

 

ドコモのスマホでドコモ系MVN0のSMカードを使う場合は、
SIMロ ック解除しなくてもそのまま利用できる。

 

スマホ本体はそのままで回線だけを乗り換えたい方や
余計なコストをかけずに激安SIMを使いたい方にお勧めの方法です。

 

同一電話番号の継続利用にはMNPを利用する

 

格安スマホのMVNOでもMNPの番号移行ができます。
スマホの回線事業者を切り替える際、電話番号をそのまま継続利用できるようにするのが「MNP」です。
格安スマホを購入した場合でもMNPは利用可能なので簡単に番号を引き継げます。
ただし通話可能なSIMを利用する場合に限られ、データ通信専用SIMを使う場合はMNPを利用できません。

 

MNP利用時の諸費用
MNPを利用すると、これまで使用してきた回線事業者に「MNP転出手数料」を支払わなければなりません。
さらに、契約時期によっては「契約解除料」も発生します。

 

MNP利用時の手続きの流れ

 

現在契約中の事業者に対しMNPの利用 を申し出る。
           ↓↓↓↓
事業者はユーザーに対し 「 MNP予約番号」を発行する。
           ↓↓↓↓
「MNP予約番号」を持参して、新規に契約する事業者でスマホ(SIM)を 購入する。
           ↓↓↓↓
新回線契約事業者と元回線契約事業者の間で電話番号の照合。引き継ぎ処理をする。
           ↓↓↓↓
契約手続きをしたあと、 新回線契約事業者は今までの電話番号を引き継いだスマホを渡す。

 

注意点として、MNP予約番号が発行されてから15日以内に新事業者で購入手続きをする必要があります
もし15日をすぎると予約番号は無効になり、元事業者との契約も継続したままとなります。

 

 

パターン4・・・ 中古などの自ロムを購入する

 

中古やアウトレットの白ロムは、専門のショップのほか、
オークションやフリマなどのサイトでも入手できる。

 

また、パソコンショップな ど、実店舗で中古スマホが販売されていることもある。
手に取つて確認したい人におすすめ。

 

スマホを安く手に入れたいなら、中古品やアウトレット品を購入するのもひとつの方法だです。
キャリアのスマホでも、SIMロックが解除されていれば、MVNOのSIMカードと組み合わせて使うことができる。
このように回線契約なしで販売されているスマホのことを「白ロム」と呼ぶ。

 

ただし、中古スマホは元の状態によつてはトラブルに見舞われることもあり、
初心者にはおすすめできない。
ある程度スマホに詳しく、自分で調べたりできるユーザー向けです。

 

こんな人にお勧めです

 

スマホをできるだけ安く手に入れたい
キャリ アで販売されていた機種を使いたい
スマホに関して、ある程度の知識を持つている方

 

格安スマホの基本料金

 

格安スマホの基本料金には『無料通話』や『かけ放題』は含まれる?

 

30秒で20円の従量制が多いが、完全定額制や5分かけ放題なども登場。
自分から電話をかけることが多いなら、MVNOの格安スマホよりも
キャリアの音声通話完全定額プランを使ったほうが安い場合が多い。

 

しかし、ときどきかける程度や、1回あたりの通話時間が短いのであれば、
MVNOの5分かけ放題や半額アプリの活用でも十分にコストは抑えられる。

 

 

楽天でんわでは850円 /月で5分以内の通話が無料の「5分かけ放題」オプションが追加可能。
FREETELの「スマート コミコミ」プランでは5分かけ放題が基本料金に含まれ、
オプション料金が不要だ。

 

Y!mobileでは1000円で音声通話が無制限にできるオプション「スーパーだれとでも定額」
を提供 している。

 

 

格安スマホの格安音声プランは?

 

専用アプリから電話をかければ、通話料が半額になるMVNOがある。

 

MVNOの音声通話はキャリアの音声電話網を借りるため通話料を下げにくく、
20円/30秒の価格設定が一般的です。

 

一方、IP電話はデータ通信回線を使うので思い切つた通話代の設定が可能だが、
データ通信の電波状況の影響を受けるために音声品質が悪くなることがあります。

 

また、パケットを消費するので月あたりの通信量が消費されてしまう。
これらのデメリットを解消するためにいくつかのMVNOは
「第三者 課金サービス」で10円/30秒の低価格通話の提供を始めている。

 

電話番号の前に特定の番号 (プレフィクス)を付けて発信することで
音声通話の接続ルートに中継電話会社を経由させ、接続料を抑えることができるのです。